創設、合併、そして法人化。

 
1957年、弁理士である安田敏雄が安田特許事務所を創設しました。
安田特許事務所は、大阪、兵庫の大手企業や東大阪の業界トップ企業等を主要クライアントとして、機械、材料、紛争処理等の実績を積み、さらに弁理士試験合格を手助けする環境づくりを行い、多くの弁理士を輩出しました。
 
2001年、安田特許事務所は、21世紀に向け、総合的な技術分野を視野に入れ、顧客サービスの一層の向上を目指し、電気、通信、外国処理等の実績を有する岡本吉村特許事務所の岡本グループともに、安田岡本特許事務所として合併発足しました。
 
そして、2019年。皆様ご承知のとおり、2019年は平成から令和への改元の年であり、弁理士制度120周年の記念すべき年でもあります。
 
1957年の開業以来、62年の永きにわたり皆様の温かいご支援のもとで今日まで歩んで参りましたが、知財サービスのさらなる充実、お客様信用度の向上、並びに業務継続性の確保を図りつつ、国際化を含む知財業界の変化に柔軟に対応すべく、事業の形態を法人組織化し、「特許業務法人安田岡本特許事務所」として新たな第一歩を踏み出すことといたしました。
 
これからも「知的財産権の適正な保護と利用の促進に寄与し、経済および産業の発展に資すること」を使命として、お客様のご期待にお応えできるよう所員一同決意を新たに精進いたします。
1957

弁理士 安田敏雄、安田岡本特許事務所を設立

1967

安田特許事務所、大阪府東大阪市御厨ビルに移転

1981

岡本吉村特許事務所が設立

2001

安田岡本特許事務所、合併発足

オフィスを大阪府東大阪市高井田のビルに移転

2009

弁理士 安田幹雄、第2代目所長に就任

初代所長 安田敏雄、相談役に就任

2017

相談役 安田敏雄、逝去

2019

安田岡本特許事務所、特許業務法人安田岡本特許事務所に移行

初代所長 安田敏雄
初代所長 安田敏雄
大阪府にて設立された安田特許事務所
設立当初の安田特許事務所
大阪府東大阪市に移転した安田特許事務所
移転後の安田特許事務所

創設、合併、そして法人化。

1957年、弁理士である安田敏雄が安田特許事務所を創設しました。
安田特許事務所は、大阪、兵庫の大手企業や東大阪の業界トップ企業等を主要クライアントとして、機械、材料、紛争処理等の実績を積み、さらに弁理士試験合格を手助けする環境づくりを行い、多くの弁理士を輩出しました。
 
2001年、安田特許事務所は、21世紀に向け、総合的な技術分野を視野に入れ、顧客サービスの一層の向上を目指し、電気、通信、外国処理等の実績を有する岡本吉村特許事務所の岡本グループともに、安田岡本特許事務所として合併発足しました。
 
そして、2019年。皆様ご承知のとおり、2019年は平成から令和への改元の年であり、弁理士制度120周年の記念すべき年でもあります。
 
1957年の開業以来、62年の永きにわたり皆様の温かいご支援のもとで今日まで歩んで参りましたが、知財サービスのさらなる充実、お客様信用度の向上、並びに業務継続性の確保を図りつつ、国際化を含む知財業界の変化に柔軟に対応すべく、事業の形態を法人組織化し、「特許業務法人安田岡本特許事務所」として新たな第一歩を踏み出すことといたしました。
 
これからも「知的財産権の適正な保護と利用の促進に寄与し、経済および産業の発展に資すること」を使命として、お客様のご期待にお応えできるよう所員一同決意を新たに精進いたします。
初代所長の安田敏雄
初代所長 安田敏雄
大阪府で設立された安田特許事務所
設立当初の安田特許事務所
東大阪市に設立された安田特許事務所の旧自社ビル
移転後の安田特許事務所

中堅事務所ならではの強み。

 
事務所職員数は、28名であり、弊所は、知財業界では比較的中規模の事務所です。
このため、特定の分野や業種に限定されることなく、様々な経験を積んでおります。お客様の専門分野や業種に加え、他分野及び他業種で得た経験をフィードバック致します。
 

国内のみならず国外にも対応した業務内容。

 
変化する社会状況に対応すべく、1957年の設立当初から技術分野に加え、業務内容を拡大させております。近年では、意匠担当職員や外国系職員の人員を強化し、より国内外案件を円滑に処理すべく、個々の能力強化も図っています。
 

主な技術分野

機械・材料・化学・電気・電子・通信工学・
情報・半導体・事務用品・日用品・ビジネスモデルなど

日本及び外国への出願

特許(発明)、実用新案(考案)、意匠(デザイン)、
商標(トレードマーク、サービスマーク)、国際特許出願(PCT出願)、
商標の国際登録に関する手続など 

中間処理その他

意見書、補正書などの中間処理、特許権、実用新案権、
意匠権、商標権など知的所有権(知的財産権・工業所有権)の売買契約、
特定不正競争、技術移転・実施権(ライセンス)の許諾に関する契約
事件の紛争処理 侵害訴訟、審決取消訴訟の代理、仲裁手続の代理、
情報提供、異議申立、審判、判定、鑑定など 

支援業務

特許調査、技術調査、技術開発、研究開発の相談(コンサルタント)、
知財管理、ベンチャー企業の開発支援、知財セミナーの開催など 
※知財セミナーは、随時開催致します。PDFファイル(ダウンロード)をご確認ください

中堅事務所ならではの強み。 

事務所職員数は、28名であり、弊所は、知財業界では比較的中規模の事務所です。
このため、特定の分野や業種に限定されることなく、様々な経験を積んでおります。お客様の専門分野や業種に加え、他分野及び他業種で得た経験をフィードバック致します。
 

国内のみならず
国外にも対応した業務内容。

 変化する社会状況に対応すべく、1957年の設立当初から技術分野に加え、業務内容を拡大させております。近年では、意匠担当職員や外国系職員の人員を強化し、より国内外案件を円滑に処理すべく、個々の能力強化も図っています。
 

主な技術分野

機械・材料・化学・電気・電子・通信工学・
情報・半導体・事務用品・日用品・ビジネスモデルなど

日本及び外国への出願

特許(発明)、実用新案(考案)、意匠(デザイン)、
商標(トレードマーク、サービスマーク)、国際特許出願(PCT出願)、
商標の国際登録に関する手続など 

中間処理その他

意見書、補正書などの中間処理、特許権、実用新案権、
意匠権、商標権など知的所有権(知的財産権・工業所有権)の売買契約、
特定不正競争、技術移転・実施権(ライセンス)の許諾に関する契約
事件の紛争処理 侵害訴訟、審決取消訴訟の代理、仲裁手続の代理、
情報提供、異議申立、審判、判定、鑑定など 

支援業務

特許調査、技術調査、技術開発、研究開発の相談(コンサルタント)、
知財管理、ベンチャー企業の開発支援、知財セミナーの開催など 
※知財セミナーは、随時開催致します。PDFファイル(ダウンロード)をご確認ください

 事務所概要

 

事務所名

特許業務法人安田岡本特許事務所

代表者

安田幹雄

設立

2019年(令和元年)7月1日(弁理士の日)

業務内容

日本及び外国への特許、実用新案、意匠、商標の出願代理、審判

特定不正競争の相談

情報提供、異議申立、判定、鑑定

技術移転、知的所有権の売買契約、ライセンス許諾の契約代理

特許、技術調査

技術開発、研究開発の相談

知財管理

ベンチャー企業の開発支援

知財セミナーの開催

所在地

〒577-0006

大阪府東大阪市高井田本通7-7-19 昌利ビル 7階・6階

Google Maps

人員構成

所員総数(弁理士含む)

27名

 事務所概要 

事務所名

特許業務法人安田岡本特許事務所

代表者

安田幹雄

設立

2019年(令和元年)7月1日(弁理士の日)

業務内容

日本及び外国への特許、実用新案、意匠、商標の出願代理、審判

特定不正競争の相談

情報提供、異議申立、判定、鑑定

技術移転、知的所有権の売買契約、ライセンス許諾の契約代理

特許、技術調査

技術開発、研究開発の相談

知財管理

ベンチャー企業の開発支援

知財セミナーの開催

所在地

〒577-0006

大阪府東大阪市高井田本通7-7-19 昌利ビル 7階・6階

Google Maps

人員構成

所員総数(弁理士含む)

27名